化粧スペース

化粧が必要な訳

image 1

一般的に、大人の女性は公の場では皆メイクをしています。学生の頃はメイク禁止と言われていたのに、なぜ大人になると必要になるのでしょうか。
一つ目に、化粧をすることは社会人としてのマナーだからです。これは、きちんとした身なりをすることで、相手に対して敬意を示すためですね。時と場合に合わせたメイクをすることで相手からの信頼を得ることが出来ますから、多少面倒でも欠かすことはできません。
では、シーン別にどのようなメイクが相応しいかを考えてみましょう。結婚式やドレスコードがあるパーティーなどに出席する場合は、華やかなメイクが好まれます。ただ、華やかだからといって、派手なメイクをすれば良いという訳ではないので注意が必要です。自然な色合いのチークやきちんと色づく口紅をつけて、顔の印象を明るくしましょう。また、お葬式の場合は地味なメイクをする必要があります。ラメやパール入りのアイシャドウや明るい色のチークは避け、ベースメイクと眉を整える程度が無難でしょう。
では次に、化粧が必要な二つ目の理由についてです。メイクなしのすっぴんの状態だと、外出時に肌に紫外線の刺激を直接受けてしまいます。この紫外線の刺激によってメラニンが増加すると、シミやそばかすの原因となり、見た目年齢がぐっと上がってしまいますね。これを防ぐためにUVカットのファンデーションやメイク下地を使用することが大切なのです。また、ノーメイクよりもメイクをしている時の方が肌の乾燥を防ぎ、ホコリなどの刺激から肌を守ってくれます。このことから考えると、休みの日でもしっかりと保湿をして肌を整え、日焼け止めとファンデーションを薄く付ける程度のナチュラルメイクを心掛けた方が良いですね。
以上のことから、大人の女性としてのマナーであり、いつまでもきれいな素肌でいるためにも化粧は欠かせないことなのです。しかしマナーだからと考えすぎずに、普段よりも自分を綺麗に見せてくれる手段としてメイクを楽しみましょう。

フレンドサイト

コスメを検討する